苦しい時こそ・・・・・

人生で、楽しい時や苦しい時・・・・・、と色んな時間が流れています。

楽しい時には、この楽しみや喜び、愉快な感じがずっと続いたらいいのに

 

って思いますね。

 

 

 

そして、苦しい時には

 

もうずっとこの苦しみを持たないといけないのではないか?

 

という恐れを持ちます。

 

 

 

人には言えない苦しい事が起こったり

 

罪悪感を持つような出来事が起こったり

 

自分は大切にされない存在なのかもしれないと落ち込んだり

 

どうして、人から虐げられないといけないの?という出来事が起こったり

 

悲しかったり、悔しかったり、孤独を感じたり・・・・・・。

 

 

 

でも、そんな時こそ自分に優しくしてあげてくださいね

 

自分を責めないで欲しいのです

 

こんな私

 

どうせ私なんて

 

と言わないで・・・・・・

 

これまで頑張ってよくやってきていたこと

 

頑張らなきゃいけなかったこと

 

 

 

もしかしたら、そんな気持ちがずっと続きすぎて

 

私は誰からも愛情をもらっていない!と感じていたりしませんか?

 

一人ぼっちになってしまったような・・・・・

 

誰も自分を大切にしてくれてないような・・・・・

 

いくら努力しても報われないような・・・・・そんな気持ち。

 

 

 

ちょっと振り返ってみてくださいね

 

人を頼りすぎたらダメ

 

頑張らないと馬鹿にされる

 

しっかりしなくっちゃ、何でも自分で出来ないと

 

そんな気持ちで突っ走って来ませんでしたか?

 

 

 

もう、十分頑張ったのですから

 

自分を許しましょう

 

ねぎらいの言葉を必要としています。

 

 

 

実は一人で頑張らないと!という気持ち

 

心理学では、ちょっとネガティブな意味にも使います。

 

 

 

どういうことか?というと

 

 

 

過去に誰かに依存して、裏切られたり

 

過去に誰かに頼ったけどあてにならなくて困ったり

 

過去に誰かに助けを求めたけど拒否されたり

 

過去に誰かに助けを求めたら返って傷つけられたり

 

人に頼ってこんなに辛いのだったら

 

もう誰にも頼らずに生きていこう!と誓うのです。

 

そして、感情と自分を切り離して

 

「私は大丈夫!なんだって独りでやってみせる!

 

お情けなんていらないの、人は私を助けられない!そして、誰かを助けるなんて

 

もっとできない、だって、自分が一人で頑張っているのだからあなたも一人で

 

強くなりなさい!」

 

という気持ちになるのです。

 

 

 

そうだとしたら、そんな気持ちを持った人が近くにいたら

 

その人にどのように接すると思いますか?

 

 

 

★助けようと思ってもピシャットシャッターを下ろされる感じ

 

★近くにいるとぼやぼやしているのが悪いみたいで居心地悪い

 

★この人は私なんていらないんだ~

 

★何だか近寄りがたいな~

 

って、感じるのではないでしょうか?

 

 

 

でも、頑張ってきた本人はますます

 

どうして、誰も私を助けてくれないの?

 

どうして、私に冷たくするの?

 

と感じていたりするんです。

 

 

 

なので、頑張った割には報われない感じがしたり

 

誰も自分の事をいたわってくれない感じがしたりしていたりします。

 

 

 

 

 

イメージ 6

 

 

 

 

 

 

 

そんな時は、自分に優しくして見てください

 

そして、周囲を見渡して見てください

 

きっと、あなたを助けたいと思っている人がいるはずですから

 

あなたが、自立に気持ちが向いている限りそれらは見えなくなりますが

 

自分に優しくしてあげると、自分を大切に思っている人が見えてくるでしょう

 

そしたら、心を開いて自分の重荷を少し持ってもらいましょうよ

 

相手はそれを待っていたのかもしれませんよ

 

あなたを愛したくて愛してくて、でもとっ付けなくて困っていたとしたら

 

あなたは、相手に愛を与えた事になるんです

 

 

 

 

 

苦しい時こそ自分に優しく

 

イメージ 6★よく頑張ってきたね私

 

★寂しかったね私

 

★本当は甘えたかったね私

 

★一人ぼっちは嫌だね

 

と、自分の中の自分を癒してあげてくださいね。